●同じ症状でも人により要因は様々です。


筋骨格(筋肉、筋膜、骨(軟骨)、靭帯、関節、腱、皮膚など)

・内臓や呼吸器官、リンパ器官など(脳、心臓、肝臓、胃腸、肺など)

・脊髄神経(運動神経、知覚神経、自律神経)

・物理的な要因(水分不足、塩分不足、薬のダメージ、栄養障害、農薬、添加物など)

感情(怒り、不安、悲しみ、感情の抑圧、過去のトラウマなど)

精神的ストレス(対人関係、仕事、育児、家事など)

・環境の問題(電磁波、PM2.5、排気ガス、放射能、紫外線など)

・目に見えない影響(悪いものなど)

・その他(血管、遺伝体質、細菌、ウィルス、所有物、悪い情報、場所など)


 

例えば

症状の原因は1つではなく、1番の原因は○○で

2番目の原因は○○など複数ある場合や、

原因の原因の原因が奥にあるケースもあります。

 

生まれ持った回復力の強さにより

個人差がありますが、

自然治癒力が上手く機能していれば

夜寝てる間にダメージや疲労が回復し

翌朝はリセットされた状態です。

 

現代は身体にとっては悪影響を及ぼす

物で溢れかっています

回復量よりダメージの量が多いと

それが蓄積されていきます。

 

その為、施術で調整し自然治癒力が

発動しても一生ものでありません。

 

数ヶ月に1回でも定期的に身体を調整して、

身体を安定させる事が1番の予防だと考えています。     

 


からだバランス調整院