●症状とは結果であり、同じ症状でも、人により要因は様々です。


筋骨格(筋肉、筋膜、骨(軟骨)、靭帯、関節、腱、皮膚など)

・脳、内臓、呼吸器官など

・神経(脳神経、脊髄神経、自律神経など)

・4つのストレス(構造的ストレス、環境的ストレス、化学的ストレス、精神的ストレス)

・目に見えない影響(悪いモノなど)

・栄養問題(不足・過剰)

・エネルギーバランスの問題(チャクラなど)


例えば、筋肉が緊張してる為に痛みがでます。その筋肉は何故緊張しているのか?


勿論、姿勢や作業などが原因もありますが、他にも栄養不足や脊髄神経に問題があり、筋肉が緊張する場合もあります。


その場合、いくら良い姿勢を指導したり、矯正したとしても、栄養不足や脊髄神経の問題が解消されない限りは、一時的に楽になるだけでまた繰り返されるでしょう。


その逆ですぐに楽にならなくても、原因がなくなれば、時間と共に自然に症状も改善されていきます。

 

症状の原因は1つではなく、複数ある場合もありますし、更に原因の原因の原因があるケースもあります。

 

回復力の強さにより個人差はありますが

治癒力が上手く機能していれば

本来ダメージや疲労は自然に回復します。

 

しかし過労や睡眠不足、

栄養の偏った食生活などで


免疫力、治癒力が低下すると

ダメージが回復せず蓄積され続けます。

 

その為、施術で一度調整しても

一生、持続するものでありません。

      

予防の為、症状がでる前に

1~3ヶ月に一度は、

身体を調整する事をお勧めします。     


【函館】からだバランス調整院