生活環境や体質以外の理由でも回復に差がでます。


病は気からと言いますが

1~2割程は気持ちの問題もあります。

  

例えば同じ施術結果でも・・

「6割、症状が和らいだ!」と捉える人と、

「まだ症状が4割残ってる!」と捉える人がいます。

 

統計をとると、回復が早い人は

どちらかというと残った症状ではなく

症状が減った方に意識を向ける

ポシティブ思考の方が

多いと言われています。

 

特に回復を妨げる行為は

ネガティブな思考・言動・感情です。

 

「もう一生治らないと思う」、「なかなか回復しない」など

感情を込め言葉にすると

脳が反応し身体が益々その様な

状態になると言われています。

 


なので自己療法としては、

自分の治癒力を信じる事が1番です。


「まだ完全ではないけど、

身体が良い方向に向かってる」と

意識するだけでも

身体に良い影響を与えます。


他にもネガティブな情報なども

心身に悪い影響を与えます。

      

 

免疫力の低下や疲労、元気がない時に

ネガティブな話題に共感すると、

波長が合い自分のエネルギーも

それに同調し低下します。


その場から離れるか、

軽く聞き流した方が良いと思います。